代表取締役挨拶

解体とは未来への

おもてなし

代表取締役 杉本 康

 

 

 

「家」とは、我々を守ってくれる

大切な存在です。

 
しかし、時代が進むにつれ老朽化した家を

解体しなければならないときがあります。

一般的に家を解体することは

一生に一度だと思います。

 

だからこそ、

ただ「家」を壊すのではなく、

お客様の心に寄り添い、

未来への街作りへの架け橋となる

これが私の考えです。

 

弊社は輝ける未来・地域の為に

精一杯の工事(おもてなし)を致します。