Demolitionサービス全体会議

お久しぶりの投稿となりました。

 

毎月1回行っている、Demolitionサービス全体会議に、最近お世話になっている日本ヒルティ株式会社の方が電動工具の持ち出しアプリの説明に来てくださりました。

 

 

 

パートナーやハツリ機や振動ドリルやサンダーなど、会社の所有している道具を会社から道具持ち出す際、現在弊社では持ち出しシートを使用しているが、シートが切れてしまったり、しっかりチェックしなかったり、現場ではシートを確認できないため作業中に道具が必要で会社に取りに来たのに他の人が持ち出していて使用できなかったりと非効率的な事が発生してしまうため、今回HILTIさんのアプリを使用させて頂く事になりました。

 

 

電動工具に付いているバーコードを読み取り、使用者・持ち出し先を選択。

すると、誰がどこで工具を使用しているか、どこにいても確認する事が出来ます。

 

アプリの使用方法も簡単で職人さんでも簡単に使用できます。

とても便利なアプリだと思うので、今回提案してくださったヒルティ様に感謝です。

 

現場の作業は道具がとても重要なので、道具は大切に使用し、今後とも解体・外構共に頑張っていきます!

 

 

前の記事へ

«